民泊地方創生での活性化

東京、大阪、京都、福岡
日本の大都市では民泊は増えておりますが、地方の増加は緩やかです。
各自治体と組んで民泊運営を行っている方も増えてきておりますが、規制が厳しくなかなか前に進みません。
最も増えているのは古民家を再利用し、貸し会議室や撮影スタジオ(メディアなど)で使えるレンタルスペースも御座います。

地方でやる場合は寝泊まりする部屋だけではなく観光とセットで旅行客を誘致出来るような仕組みを作らなければなりません。
当社は3月30日から仙台、東北での提供を開始しております

東北地方の民泊を行う方は是非ご相談下さい